avatar
EML管理人
今回は筋トレが続かない人へおすすめしたい5つのコツをお伝えしてみようと思います

【結論】筋トレを続けるコツは自分を好きになればOK


1
セルフィーは筋トレを続ける上で大事なことです

1年経つとほんとに差がわかってきます

2
筋トレを続ける為にもサプリは必須です

何もしない人との差はここですね

3
筋トレを続ける為の自己啓発

自己啓発は筋トレならず私生活でも役に立ちます

4
栄養学に興味をもつ

筋トレは栄養学を学ばざるを得ない

5
筋トレを続けるコツは目標を持つこと!

ここが一番大事だったりします


スポンサーリンク

セルフィーは筋トレを続ける上で大事なことです

世間を見渡していると、

「この人、ほんと自分好きだなぁ」

なんて人ってたくさんいますよね。

ただ、ビジネスや仕事に繋がるような事をやる上で、自分をアピールする必要がある方には尊敬しますが、

何もスキルや力がないのに、そういった部分が見えてしまう人間に対しては、

拒絶反応が起こります・・・

まぁそんな事はさておきまして!

筋トレを続けるコツの一つとして、

恥ずかしくても必ずセルフィーで体を撮っておくことをおすすめいたします。

それは過去を振り返った時に自分の成長が分かるのでモチベーションアップに繋がります。

最初の頃は僅かな変化しかありませんが、日が経つにつれ、変化したなぁと、感じられた時が筋トレをやっていて一番嬉しい時かもしれません。

ここからは実際に僕が撮っていた写真をご紹介していこうと思います。

とにかく筋トレと、のちほど紹介するサプリも常に飲んでたので、

変化がハッキリと分かるかと思います。

お恥ずかしいですが、これも筋トレを続けたい方へ少しでも励みとなるように公開してみます。

2、3ヶ月くらいのスパンだと正直体の変化が分かりずらかったので、

半年とか1年以上空いています。

むしろ撮る感覚が短すぎると変化がなさすぎて逆に落ち込みます。

2016/9〜2019/9までの3年間(写真5枚)

2016年9月

筋トレしようと決意した日に自撮りしました。

ここから1年間はダンベル(片方20kg)とベンチ台を購入して、ダンベルベンチ/フライ、ダンベルカール等を週4くらいでやり始めました。

まぁだらしないですね。


2017年7月

筋トレ開始から10ヶ月目です。

大胸筋がややついてきました。

小中と水泳を頑張ってた為、マッスルメモリーが働いて大胸筋が発達しやすかったのかもしれません。

そしてとにかくダンベルベンチ/フライを頑張ってた結果が出たのかもしれません。

次の写真はここから5ヶ月後です。


2017年12月

筋トレ開始から1年3ヶ月目です。

2017/9に家トレの限界を感じ、ジムに入会してから3ヶ月目です。

割とゴツゴツ感が出てきてます。

このくらいからは筋トレが楽しくて楽しくてしかたない時期に突入しました。

ジムに入会したくらいから、徐々に様々なサプリを飲み始めます。


次の写真はここから6ヶ月後です。


2018年6月

筋トレ開始から1年9ヶ月目です。

食事をたくさん摂ることも意識し始めた事から全体的に厚みが出てきました。

そして体の変化が確実にわかってきたので、筋トレサイコー!状態となるので毎日が楽しくなりますね。

次の写真はここから飛んで1年3ヶ月後です。


2019年9月

筋トレ開始から3年目です。

かなり変わったと思います。
ベンチも100kg挙がりました。

僧帽筋や肩周りの筋トレも強化したので厚みが増しました。

3年でここまで変わったのも、
当ブログでよく取り上げる、
筋トレを続けるコツやサプリの摂取、筋トレ方法などを全て独学で学び実行した結果にはなります。

筋トレを続ける為にもサプリは必須です

サプリに関してプラシボだと思ってたり、お金がかかるということで手を出さない人が多いです。

※医者が効果の無い薬をあたかも効く薬だと与えて、

本当に治ってしまう。という話のことをプラシーボ効果といいます。

もしくは「プロテインだけ飲んでればいい」といった方も多く見受けられます。

しっかりと筋肉をつけてマッチョになりたいという目標ができたのであれば、

サプリは必ず必要です。

プロで活躍するレベルの人たちは引くほどサプリを飲んでます。

先ほどのBefore/Afterでご紹介した通り、

ジムに入会してからというものの、かなりの変化があるのが分かるかと思います。

筋トレにも磨きをかけていったというのもありますが、その時期は

サプリをとにかく重要視して摂取していました。

サプリに関しては以下の記事をチェックしてみてください。

筋トレを続ける為の自己啓発

僕自身は20歳くらいの頃、自己啓発系の本を読み漁っていた時期があり、

その時期に吸収した思考が今の自分を作っています。

「筋トレが続かない人」「始めたいけどグズってる人」らと話すと、

自己啓発的な思考が足りて無いなと感じますね。

もし今の自分に自信がなかったり、グズってるようであれば、

本屋の自己啓発コーナーで気になったタイトルの本を手にとってみたり、

amazonで評価のある自己啓発本とにかく読んでみる事をお勧めします。

以下の記事では僕がお勧めする自己啓発本と思考を解説していますので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

栄養学に興味をもつ

これはコツというよりかは、

筋トレを継続していけば自ずと栄養学にも詳しくなれるメリットがある。

といったところでしょう。

筋肉を増やそうという考えになれば、

必然と栄養学にも興味が湧いてくるので、筋トレがもっと楽しくなってきます。

以下の記事では筋肉に関係する知識栄養についてを記事にしていますので、

そちらもチェックしてみてください。

筋トレを続けるコツは目標を持つこと!

これまで筋トレを継続させるコツを様々な方法でお伝えしました。

そしてもう一つは目標をしっかり持つことです。

例えば僕はいま29歳ですが、26歳の頃に筋トレを始め、

「30歳までにはベンチプレス100kgを超え、マッチョと言われる体になる」

という目標をスマホのメモに書いておき、

実際に目標を達成しました。

やはり人間は気を抜けば堕落する生き物ですので、

常に自分を鼓舞し続ける必要があります。

先ほどの「自己啓発」の項目でお話した内容と同じにはなりますが、

目標があっても自分を鼓舞しようとする努力をしてない人も多く見受けられます。

自己啓発、そして自分を鼓舞することによって

「もっともっと人生よくなるのになぁ」

と日頃から他人を見ているとよく思います!

なので今ひとつ自信が無い方はこういった少しの努力をしてみましょう!