avatar
EML管理人
スーパーマルチビタミンとして知られるアナバイトですが、実際のところどうなのでしょうか。
色々と調べてみました。

【結論】摂りすぎはNG 摂取は自己責任



スポンサーリンク

アナバイト摂取における懸念点

まずはじめにアナバイトを摂ることによるメリットは以下です。

マルチビタミンよりもめちゃくちゃ効果が高い

ベータアラニン、L-カルニチン・タートレートが配合されている(除脂肪体重増加、筋量up)

懸念点 1) テストステロンが検出されている

アンドロステンジオンというステロイドの一種がアメリカのドーピング検査機関より検出されています。

このブログでは以下のような海外サプリを多く紹介しており、

コンテストに出たり、アスリート参加者でなければ自己責任で摂取していいと考えてます。

僕もその類ですし、筋肉を大きくしていきたいので、

大きな害がないようであれば、海外製のサプリは摂っていきたいと考えています。

そしてステロイド成分が入ってしまっていると、

生殖器官に影響が出ると言われていますが、

アナバイトくらいの少量であれば、問題ないと思います。

実際僕の周りでも摂取している人はいますが、何も問題はないです。

また競技参加者の中でもアナバイトを摂取していたが、

特にひっかからなかった方もいたようです。

懸念点 2) 含有されている二酸化チタンについて

二酸化チタンとは

食品では、酸化チタンは白色の着色料として利用されます。

硫酸チタンから生成したメタチタン酸を燃焼させるか、四塩化チタンを加水分解または直接燃焼して得られる粉末が白色なのですが、

この白色が着色力、隠ぺい力(元の色を隠す)ともにとても優れているのです。

たべるご:食品に使われる酸化チタン(二酸化チタン)の毒性や発がん性は?

また、以下の記事にてフランスが発表していた食品規制の中で、

アナバイトに含まれている二酸化チタンを2020年1月から制限する動きもあります。

政府は4月17日、フランス独自の規制として、

2020年1月1日からナノマテリアルである二酸化チタン(TiO2/E171)を含む食品の市場投入を禁止すると発表した。

二酸化チタン(TiO2/E171)は、EUでは食品添加物(白色着色料)として認可されており、チューインガム、歯磨き粉、日焼け止めクリームなどの食品、化粧品、医薬品に使用されているが、

食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は、二酸化チタンがナノ粒子のため生体組織を通過しやすく、発がん性物質の可能性があるとしている。

ビジネス短信:食品添加物の二酸化チタン(TiO2/E171)を2020年から禁止

ですがこの二酸化チタンの発ガン性物質の評価について、

以下、J-STAGEという化学技術情報発信機関にて、

公表されている科学論文を収集整理したところ、呼吸域サイズ、顔料グレードまたはナノサイズの TiO2 をラットに吸入または気管内注入暴露したときに腫瘍発生が認められている。

しかしながら、TiO2 のマウス、ハムスタ ーへの吸入及び気管内注入暴露、また、腹腔内 及び皮下注射、経口投与では催腫瘍性は認められていない。

引用:二酸化チタンの発がん性評価

以上のような論文がまとめられています。

ラットへの影響は認められたが、

マウス、ハムスターへの影響は認められてないという結果になっています

その為、必ず影響があるとは言い切れない結果ともなっているようです。

発ガン性物質がある食品について

発ガン性物質があると言っても、身近で買える商品にも含まれてますよね。

  • 亜硝酸Na

明太子、たらこ、ハム、ウインナー

  • 合成甘味料(スクラロース、アスセルファムK)

ガム、ゼリー、チョコレート、0kcal系飲料

  • タール色素

菓子パン、清涼飲料水

  • カラメル色素

プリン、カレールウ、カップ麺、弁当

  • BHA、BHT

バター、油脂、口紅

  • サッカリンNa

歯磨き粉

参考:特に危険と思われる発がん性のある「食品添加物」8種


アナバイトも一般的な食品と同様に、

摂りすぎ、長期的使用は控えるくらいでよいかと思います。

まとめ

アナバイトの摂取により、フィジーク参加者の一部では40万の罰金に加え、

登録クラブに50,000 円、所属連盟には10,000 円の罰則金を与えられ、

参加資格は4年間停止させられます。

なので、筋トレは完全に趣味であり自己責任の範囲内で使用するなら問題ありません。

上記でまとめたように、完全に安全なサプリということではなく、

先ほども言った通り、

化学物質であり添加物の為、コンビニ食品、お菓子同様に、

大量の摂取、長期的な摂取は好ましくないかと思います。

毎日飲むのではなく少量に抑え、

筋肉をデカくしていく為のいち補助剤として使用するのはありかなとは思います。