avatar
EML管理人
今回はサプリがあるからこそ筋トレを続けている理由をお伝えしていこうと思います。そして継続できない原因を探っていきましょう。

【結論】自己投資を増やすと簡単に手放さない


1

まずはサプリメントの有効性を認識しましょう。

2

栄養以外にもたくさんいいことはあります。

5

使わない人との大きな差はここ


スポンサーリンク

筋トレの継続におけるサプリメントの重要性

一般的に筋トレといえばプロテインになりますかね。

筋トレの知識がない人は「筋トレといえばプロテイン」と口を揃えていいます。

ですがプロテイン以外のサプリの名前は出てきません。

それだけ筋トレの文化がまだまだ浸透していないことが分かります。

そしてプロテイン以外に、もっともっと大事なサプリメントがあることも知れ渡れば、「そんな効果があるなら俺も筋トレしてみようかな」となるはずです。

ただ筋トレして、家に帰ってプロテイン飲んで終了。

なんかあっさりしている気がしませんか?

それだけでモチベーション保てますか?

そこへ以下のような工程が入るとどうでしょうか?

筋トレをしていると栄養が消費されるから、事前にBCAA栄養を補給してから筋トレに行こう!


今日はベンチプレスをやるから少しでも重い重量が挙がるようにクレアチンも事前に飲んで行こう!


筋トレというのは同時に筋肉も減らしているから、出来るだけ筋肉が減るのを抑える為にもBCAAを飲みながら筋トレをしよう!


プロテインだけでなく、筋肉を成長させる作用を持つ、グルタミンもプロテインと一緒に飲もう!


今日はハードに筋トレが出来た、ぐっすり眠れて成長ホルモンも促進させるPRO-GHを飲んで寝て、また明日からも筋トレに精を出そう!

一つ、注意していただきたいこと

海外では当たり前のサプリメントでも、日本のドーピング協会などでは、

ひっかかってしまう場合もあるので、

競技参加予定のある方は十分に気をつけてください。

詳しくは上記PRO-GHの記事をご確認してください!


その他にも色々な筋肉を増やす為のサプリメントはありますが、ざっと書いてみました。

こんなにも筋肉に効果的なサプリメントはあります。

そしてどうでしょうか。

これだけたくさんのサプリメントを飲めば・・・

筋肉がどんどん成長していく気がしませんか?

いつもより筋トレをやってる感が増しませんか?

筋肉を増やす作業(筋トレ)というのは筋肉を減らしていることでもあるんです。

その減らす作用を少しでも抑えながら、瞬時に栄養を摂取させて、

他の人との差をつけていくのがサプリメントの役割です。

何が言いたいのか言うと・・・

栄養が足りてないとせっかくの筋トレが台無し!

サプリを摂取することによってモチベアップにも繋がる!

 

自己投資を増やすと筋トレも継続をしやすい

自己投資するものが多くなればなるほど自分がやっていることに対し

愛着が湧いてくるものです。

自己投資が少なければ、いますぐにでも手放して「辞めよう」ってなると思いませんか?

avatar
筋トレは続けられないからいやだ。
avatar
キツイし体も変わらないしやめた。

「続けられないから」

「キツイから」

こういった人達にしっかりと伝えてあげたいことがあります。

それは自分への愛着、投資不足です。

筋トレをする自分を愛せなかったから、その時の自分を捨てた。

自分自身では気づいていないですが、

続かないということは、こういうことです。


例えば、ある日家の前で捨てられていた子猫を拾ったとします。

ですが自分の家のアパートはペット禁止です。

運良くすぐに里親希望の方が見つかり手渡すことにしました。


このくらいであれば泣いたりはしませんよね。

ですがそのまま家で飼うことにしましょう。

ケージを買い、餌を買い、予防注射に行き。。。

となってくれば当然、愛着は湧きますよね。

そして手放せなくもなりますよね。

筋トレを続けるというのは愛着が必要です。

その為にも「自分への愛」すなわち

色々なサプリメントを摂取することも大事なんです。


何も僕は最初からこんな考えではなかったです。

「筋トレを数年に渡って続けてこれた理由はなんだろう」

と考えていたところ、サプリをしっかりと飲んで、

自分への投資を怠っていない事が一つの大きな理由だと分かったのです。

下記の記事で書いたサプリメントをトレーニング日に必ず飲んでいます。

これだけのサプリをしっかりと飲んでいる人は筋トレをしている中でも少ない方かもしれません。

ですが、これだけしっかりと自分への投資を行なっている人は、

他と比べて体は大きいです。ベンチも100kg以上は上がります。

=筋トレを継続しているということになります。


仕事が忙しすぎて全然筋トレに行けなかった時期がありました。

その為「筋トレが出来ない」というストレスを感じるくらいならば、

いっそ辞めようかとも考えました。

でもマッチョになりたくて必死にトレーニングして、

サプリメント代も相当出費してきた。

筋トレにハマる事で誰も知らないようなサプリメントの知識も増え、

自分だけの財産にも変えることができる。

そして継続して来た事によって、

「マッチョですね」と言われる機会が増えたし、

そう言われるのを期待してもっと筋トレしようとも思えたのです。

 

筋トレを継続せざるをえない状況を作り出す

こんな記事を書いといてもやっぱり日によっては、

「今日はなんか腰が上がらないなぁ」

「今日は筋トレ休もうかな」

なんて気分になる日はあります!

筋トレを知らない方や、続かなかった方からは、

どうやら常に楽しんで筋トレが出来ている」と勘違いされやすいです。

確かに筋トレをするのは楽しいです。

ですが、なんかノレない日なんてのもありますよ。

いろんなマッチョに出会ってますが、これは本当にあるあるなんです。

毎日ハッピー楽しくて筋トレをしている人なんてほとんどいないですよ。


どうすれば重い腰を上げれるか。

人それぞれ色々なモチベーションを上げる方法があるかと思いますが、

ここではサプリメントに特化したお話が出来ればと思います。

初めにお伝えしたサプリメントの中で、

筋トレにいく前に飲むサプリがあります。

どうしても筋トレにいく気になれない時は、

いっそトレーニング前に飲むサプリを飲みましょう!

・クレアチン

・BCAA

・アルギニン

不思議と飲んでしまえば、

「よし!行こう!」となるものです。

だってお金を出して買ったサプリメントを飲むだけで、

トレーニングしないなんてもったいないですよね。

また3つのサプリを合わせた1回分の金額は約86円ですが、

トレーニングの日ごとに使っていくので出費にはなってきますよね。

筋トレの効果を発揮させる為に飲むものなのに、

その筋トレをやらない。ってもったいない気持ちになりませんか?

ただ、トレーニングをしない日に飲んでも、もちろん問題ありません。

ですが飲むことによって、飲まないでやるトレーニングよりもはるかに、

筋肉がでかくなる効果があるのであれば、

おのずと「行こう!」という気持ちになれるものです。

人間の感情なんて簡単ですよ。

スイッチ一つで変われるんですから。

筋トレを継続する努力も筋トレの一つです。

先ほども説明しましたが、

常に楽しんで筋トレが出来ていると勘違いされやすいです。」

この事についてですが、

楽しんで筋トレが出来るような努力もしている。

という事も知っておくべき内容かなと思いました。

上記の記事でも書きましたが、ある程度自己啓発は必要です。

そりゃ筋トレというのは体に負荷をかけますから、きつくて当然です。

少しでも筋トレをしたくなるような、考えにすることが大切です。

マッチョになりたい」or「筋トレをしたい」

あなたはどちらですか?

僕は完全に前者です。

むしろ後者の方はいますか?

マッチョになりたくないけど、筋トレする男なんていますか?

マッチョになりたいから、筋トレするんですよね?

なので先ほどピックアップした

常に楽しんで筋トレが出来ている

というわけではないですよね。

ですので、筋トレという言葉の意味を誤解してはいけません。

・「筋トレ」ということ自体をしたくてしている訳ではありません。

・マッチョになりたいから、筋トレを楽しく継続する「努力」をするんです。

「筋トレを続ける努力」に対して、あなたの考え、裏付けはしっかり出来てますか?

継続していきたいのであれば、今一度「なぜ筋トレをするのか

についての考えを固めておきましょう。

そして継続していくコツの一つとしてまずはサプリを取り入れてください。

 

サプリでモチベを上げてもらう

散々サプリメントで得られる効果を記事にしていますので、

言うまでもないですが、

筋肉を成長させることに特化したサプリを飲んでいれば、

そりゃテストステロンが上がってやる気も出てきますし、

血流の巡りを良くする作用や、筋肉痛を軽減する作用を与えていれば

普通の人よりも筋トレの疲れが楽になりますよね。

また、サプリを使わない人もいます。

ですが色々な研究結果で、サプリメントの摂取において

アスリート達のパフォーマンスが上がっていることが分かってます。

血中BCAA濃度は、BCAA摂取グループにおいて有意に上昇していました。


BCAA摂取グループにおいて、血中セロトニンの生成を抑制する傾向がありました。

一方、偽薬摂取グループの血中セロトニン濃度は上昇傾向にありました。


合宿の後半において、BCAA摂取グループは起床時の血中乳酸濃度を抑制する傾向にありました。


自覚的疲労度はBCAA摂取グループで合宿前半より後半において低い傾向を示し、偽薬摂取グループは合宿全期間を通じて変化しませんでした。

引用:グリコ BCAA(分岐鎖アミノ酸)」摂取の試験結果

筋肉疲労の解消に役立つ事が分かっているサプリがあるのであれば、

飲まない理由がないでしょう。

まとめ

今回は筋トレを継続させるコツの一つとして、

サプリメントを有効に使ってみましょう。

という内容となりました。

お金もかかって大変ですが、自分でやれる範囲のことはやりましょう。

そして今まで筋トレに対して勘違いしていたら、

今日から継続することについての考えを見直してみましょう。

人間って不器用ですよ、本当に。

少しでも筋トレに興味を持って頑張ってみようかな、

と思えたのであれば色々な角度で物事を捉えることによって

正解が見えることがあります。